2019年9月4日水曜日

ボーイスカウト橋本第2団の2019団キャンプ




ボーイスカウト和歌山連盟橋本第2団です

BS橋本第2団は、自分たちのキャンプ場を持っているので
毎年8月に団キャンプを行っています

今回はその様子を
CS隊長がレポートいたしますね


上の写真は営火です


今年のHashi2のCamp Fireは、ちょっと違う…。
惣神主家の末裔、しんまい隊長Produce『火之迦具土神との対話の世界』へようこそ…。
浄闇の中、しんまい隊長の奏でるフルートと、デンリーダーさんたちの合唱による「夜の歌」から始まり、警蹕をもってリアルに神を降ろし申さく…。
団委員長が神から預かりし焔により、明るく照らしたもうた楽しいファイヤーとなりました。








夏だ!キャンプや!スイカ割りやー!
一番絵になるのは、やはりビーバー隊スカウトですね。
ん?うちのカブ隊どもは…、多数決の結果「包丁でちゃんと切って食べる」を選びましたよ(笑)。バシッと割って豪快に行こうやー。




一昨年の団キャンプもそうでしたが、暑さが半端ないですよホンマに…。
11時の開村式、全くの快晴の下でのスタートです。
隊長の判断で、カブスカウトは全員くまシャツでの開村式としました。
んー、どこか涼しい場所での夏キャンプ希望…。








団会議で配られました資料に「開村式・朝礼国旗掲揚=CS」とありました…。
となれば、きちんと練習して開村式に臨まないと…。
みっちり練習した成果は…、スマートにバシッと国旗掲揚をしてくれていましたよ。
スマートって、格好いい~。





正旗手・副旗手ともに息の合った連係プレイでホンマにスマートに出来ていましたよ。
1組の組長・次長が担当しました。明日の朝礼の国旗掲揚は、2組の組長・次長に担当してもらいましょう。






しかし、写真から当日の暑さが伝わってきませんか?
カメラは全くの逆光状態。撮影する者にとっては、このピーカンも良し悪しで







団委員長挨拶




団キャンプ場のすぐ近くに「県立体育館」があるのですが、午後からは一部場所をちょっとお借りして、キャンプファイヤーの出し物の練習なんですって…。

「そんな気持ちで面白さがギャラリーに伝わるとでも思ってるんか~?」
キャンプファイヤーは隊長がエールマスターを務めます。司会も真剣、出し物も真剣、どやって言うもん見せんかーい!
ここは厳しい檄を飛ばします







しかし、マジで暑い…。今風に言うならヤバい…。
ここは例年にない暑さ対策を…。

せや!おやつを「アイス」にしたらえーんや!

『それちゃうやろ~っ』と言う突っ込みが入りそうですが、隊長の手作りおやつは、とうとう「アイスクリーム」の域に到達した…(笑)。

もちろんの大好評。これまた瞬殺でございましたとさ…。





「美味しいと言いなさい…」という無言のプレッシャーが…。
いえいえ、リアル美味しいです。一人5口位は当たったそうですよ。






人参の買いだめ…?
石油ショックを彷彿させる一幕…。
いえいえ、今夜の夕食の担当はカブ隊です。
66人前をサーブするのです。材料の買い出しから、しっかりスカウト自身が担当します。





…てなことをしている間に、
お隣のビーバー隊は、市民プールで流しそうめん状態…。
流れるプールで涼を取っていましたよ。これも正しく『ビーバー水に帰る』ですね。







カブ隊presentsの夕食メニューは、隊長が提案した『正しい甘いカレー』です。
ただの「甘口カレールー」ではありません。子供だけに迎合しない、大人も美味しい「正しく甘くしたカレー」です。
さて、この写真は…、副団委員長から「好き嫌い言ってたら、食べるもんなくなるぞ!」と言われているシーンですね。
その人参を、本当に正しく美味しくして見せましょう…。







しんまい隊長は鍋&火と闘っていたのですが、運ばれてくる具材野菜のサイズがバラバラ…。愛嬌とキャラがよく出ていて見ていると面白いですが、これちゃんと定時までに火を通せるかしら…。ちょっと心配。
火力を史上最強に上げ、まさに地獄の釜状態にして、一気に火を通していきます。









『なーんや、よーある定番のカレーやんけ』と思っているそこの貴方!
考えられ得るコクある甘さを出すべき材料を厳選し、作ったカレーは即日完売と相成りました!

何を入れたかはここでは「秘密」ですが、見ていたビーバースカウトが、最初ドン引きしていたそうですよ(笑)。「えーっそんなの入れるのー、ふざけてる~」ですって。しかーし、食べて納得。
自称「団キャンプ史上最上級のカレー」でしたよ。




大人&チャレンジャーの皆さん用には、激辛ペーストとピリ辛スパイスを用意しましたが、1杯目はかけて食べると勿体ない、とお褒めの言葉を戴きました。
プロデューサーとしては、嬉しい限りです。






カブ隊presentsですから、カブ隊が戴くのは「最後」です。スカウト達が「なくなるよー」とやきもきしていました。お代わりしてねー。

夏キャンゆーたらやっぱりカレーでしょ?
もう「シュルシュルのカレー」や「生煮えのカレー」なんて、過去のものですよ。
でもその経験があるからこその、このカレーへの到達ですね。






デンリーダーさんのアイデアの副菜「ピクルス」です。
浅漬け?ノンノンっ、橋2は一歩先を行く…(笑)。簡単手早くしかも美味しい~。








唯一写っていましたね。
火との闘いの後で汗びっしょりですが、みんなからの「美味しい~」の声を聞いて報われました。





キャンプファイヤーでは、ビーバー隊はオリンピックのイ応援ソング『パプリカ』を踊ってくれました。
火の神様も褒めてくれていましたよ。かわいいから何でも許すよって(笑)。






我らがカブ隊は、サイリウムを身に纏って「USA&やってみよう」のダンスを披露。
火の神様からは「あの手首に光る物は何だ?あれは火か?」と質問されました。
エールマスターは火の神からの宣託により、司会進行を行います(笑)。





少し裏方の話になりますが、今回はボーイ隊のスカウトにファイヤーキーパーを担当してもらい、その細かい微妙なコントロールをお願いしました。
キャンプファイヤーの火加減は、場の雰囲気をコントロールする非常に大事なツールです。
結果は、最後にちゃんと『熾火』になるとても雰囲気のあるものとなり、成功しました。
キャンプファイヤーのスタイルは様々ありますが、スカウト達には是非「これぞキャンプファイヤー」的なものを経験してもらいたいと思います。





ほーっ、ちょっとビックリ。
カブスカウトも「テント泊」をするのが、当団のスタイルです。
設営も大人同伴・指導の下ですが、スカウト達でやります。
幸い夜は涼しい風も通り、スカウト達も早々と就寝しました。明日は6時起床やからねー。






二日目の朝礼、国旗掲揚は再びカブ隊が担当します。
1組と2組のキャラがまるで違うHashi2cubですが、掲揚にも差が出たりして・・・。こちらも練習の甲斐ありまして、1組に負けずにスマートに出来ました。

こういう経験を通じて「ビシッとするのって格好いい」を覚えていってもらいたいですね。





団委員長朝の挨拶。
キャンプ生活において大事なもの「3つ」を教えてくれました。
ボーイ隊になれば、自己管理が更に問われますからね。体調管理は大事です。




朝食はビーバー隊が担当します。
「サンドイッチ」が出るんですって~。
写真で分かりにくいですが、こう見えてまだ7時前…。
朝食担当は朝が早いんですが、みんなバッチリですよ。






日差しが強くて強くて…。
配られますパンに、1枚ずつ丁寧にバターを塗ってくれています。






おっとパンで挟んだ具材が…。落とさずに食べてね。
トマトやキュウリ、卵にハム…。私が大昔に記臆しているサンドイッチとは比べ物にならない位に…美味いっ!





これは何をしているのかと言いますと…
組長が自慢の腕時計のストップウォッチ機能を使って、時間当てクイズをしているようです(笑)。
今も昔も、こういうギミックなものには惹かれるのよね―男子は…(笑)。



広報担当ことしんまい隊長は、残念な事に所用で中抜け…。
2日目はみんなで玉川渓谷(丹生川)へ川遊びに出かけました。
丹生川にはこの時期、大阪方面から沢山の方がレジャーに来られるスポットです。
朝8時には出発準備をして、早々と丹生川へ…。浅瀬からちょっとした深海まである、なかなかナイスなスポットを見つけたようですよ。





周りを山々に囲まれた、なかなかのスポットです。
上流には民家がほとんどなく、水も冷たくてきれいです。





川遊びは泳ぐ事だけではなく、こうやって即席で水生生物観察会なんかも出来たりします。
ちょっと大きな石をめくってみると、なかなかレアな川虫が住んでいますよ。





「そうめん」を用意してくれました。そうなんです。橋2の団キャンプでは、各隊が食事を順に担当します。
河原のそばの東屋を借り切って、みんなでいただきますー。




あれっ、河原にスイカを持って行ったんやと思うたわ…。
どうしてもスイカ割りはしたいっ、との事でしたので、ビーバー隊はサイトに戻ってから割っていましたよ。
ん?カブ隊は…。包丁で綺麗に切って食べていました…(笑)。






「カブスカウトは自分のことは自分でします」とありますから、ちゃんとテントも自分で片付けます。副長さんからのアドバイスの下、あっという間に撤営~。ここでの片づけ具合で、テントの持ち(寿命)が変わります。次また使う事を考えながら片付けましょう。




閉村式です。あっという間の2日間お疲れ様でした~。
ケガもなく、天候にも恵まれ(?)楽しい&美味しいキャンプでしたよ。
団委員長から、来年は40周年の記念富士登山と、ふもとの青年の家での『大営火』を予定しているとのお話がありました。
雄大な富士山をバックにみんなで営火…、今からもう楽しみですね。カブ隊からは何を出しものにしようかな~?



ボーイスカウト橋本第2団では
スカウト募集中です

お気軽にお問合せください

橋本第2団

団名
橋本第2団
隊の構成
ビーバー隊・カブ隊・ボーイ隊・ベンチャー隊・ローバー隊
活動拠点
橋本市
主な小学校・中学校区
橋本市内の小・中学校
担当者
吉岡 景子
電話番号
0736-38-2035











2019年9月2日月曜日

和歌山地区協議会;河川敷の清掃奉仕




ボーイスカウト和歌山地区協議会です


7/21(日)は、
和歌山地区の行事で
紀ノ川河川敷で清掃奉仕を行いました。









和歌山地区協議会長の挨拶で
始まりましたよ




場所は、
南海本線の
紀ノ川鉄橋の下周辺で行いました





小学校1年生年代の
ビーバースカウトから
大学生年代のローバースカウトまで









軍手を着けて、
ゴミ袋もって
一生懸命清掃活動を行いました。






ボーイスカウト活動は、
誰かの役に立てる体験から優しさを
育みます







是非、ボーイスカウトを体験してください







2019年8月27日火曜日

2019年紀北地区水泳章考査



ボーイスカウト紀北地区協議会です

8月の最終日曜日は
恒例の「水泳章技能章考査」を
行いました






会場は高野口中学校

考査員は、橋本第2団で
紀北地区の元地区委員長の
「伊藤承男」さんです



当日は2級以上の4名のスカウトが
考査を受けました




スカウトは真剣そのもの

ライフジャケットの課目です



ボーイスカウトは進歩進級制度が
特色の一つにあります

年代別のレベルに合わせた考査やチャレンジが
ありますが
ボーイスカウト、ベンチャースカウトでは
この水泳章考査を受けます

管理人もスカウト時代に着衣のまま
泳いだ記憶がありますよ






これが着衣での遊泳

非常時に本当に役立ちます





底に沈んだ重りを引き上げるという
課題もあります






50Mを55秒で泳げたかな?


ボーイスカウトはこのように

学校では教えないけど
何かの役に立つプログラムが多くあります

ぜひ、お問合せください




和歌山県のあなたの町のボーイスカウト